アクセスカウンタ

読書記録ほか

プロフィール

ブログ名
読書記録ほか
ブログ紹介
こどものときから本が好き・・・でも、人生には忙しい時期があり、あまり読めなかった時も。 その後、幸か不幸か、持病もちとなり、気ままに(気楽とは言いません)生活しているので、読書の時間はたっぷりと。

ミステリーが主体ですが、雑読です。 

2015年からボランティアをしている博物館の活動の一環で、絵本を読みはじめました。 ちょっと変わった読み方かもしれませんが、私なりに楽しんでいます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪  関裕二 新潮文庫
「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪  関裕二 新潮文庫 独学で古代史を学んだ歴史家の関裕二の、「古代史謎解き紀行」シリーズ。 今までは、出雲編とヤマト編をアップしている。 2015年5月 「封印された謎を解く ヤマト編」 2014年12月 「神々の故郷 出雲編」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/29 17:39
読書いろいろ
読書いろいろ >大阪北部の私の住んでいるあたり、6月の地震と9月の台風で、被害の出ているところも多かった。 私宅もそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/25 21:58
「IQ] ジョー・イデ 熊谷千寿訳 ハヤカワ文庫
「IQ] ジョー・イデ 熊谷千寿訳 ハヤカワ文庫 今年の夏前に、「ちょっと本の視野を広げよう」と初めての作家の本を手にした。 ところが何回読んでもイラつくばかりで進めない。 LAのラッパーの詩そのものの世界というか価値観というか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 19:26
「凪の残響」 麻見和史 講談社
「凪の残響」 麻見和史 講談社 「凪の残響 警視庁捜査一課十一係」がタイトル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/09 19:23
滋賀県の木之本地蔵院
滋賀県の木之本地蔵院 しばらくブログを休んでいました。 いろいろなことを抱え、なんとなくイッパイイッパイになっていました。 少しずつ物事が進み、問題解決とはいきませんがホッとしつつありますので、少しずつ再開します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 19:24
しばらく休息いたします
いつも見てくださっている方々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/09/12 13:05
児童書「まほうの じどうはんばいき」 やまだともこ・作 いとうみき・絵 金の星社
児童書「まほうの じどうはんばいき」 やまだともこ・作 いとうみき・絵 金の星社 静かに来て、突然の強い風雨で、去ったはずなのに風と湿度が居残った台風だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/24 18:16
松井今朝子の本2冊
松井今朝子の本2冊 少し涼しい日が続いたあと、さらなる暑さ復活なので(しかも蒸し暑い!)余計にしんどい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/22 19:53
「阪堺電車177号の追憶」 山本巧次 ハヤカワ文庫
「阪堺電車177号の追憶」 山本巧次 ハヤカワ文庫 いやはや暑い日が続く・・・関東では台風の影響で涼しそうだが雨・・・被害が出ませんように。 暑さもイヤだが、雨もイヤだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 17:56
いただいた旅のお土産:ルルドの聖水
いただいた旅のお土産:ルルドの聖水 「暑い暑い、と誰でも分かっていることしか報道しないマスコミのつっこみどころのなさ」とかと、松井今朝子さんのブログでのツッコミを読んで、プッと吹き出した。 ほぼ毎日更新されるブログは、毎回の食事の写真も楽しいけれど、とにかく、けなし方がうまい! 毎日、欠かさず読んで笑っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 18:30
「天平の女帝 孝謙称徳」 玉岡かおる 新潮文庫
「天平の女帝 孝謙称徳」 玉岡かおる 新潮文庫 「天平の女帝 孝謙称徳」サブタイトルは「皇王の遺し文」 玉岡かおるの他の本を探していて発見・・・へェ〜、こういう題材を取り上げることもあるんだ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/15 17:36
「古事記異聞」 高田崇史 講談社ノベルス
「古事記異聞」 高田崇史 講談社ノベルス 「古事記異聞 鬼棲む国、出雲」 が、正式なタイトル。 高田崇史の新しい歴史ミステリーのシリーズのようだ。 東京の大学で民俗学を専攻する大学院生の女性が主人公のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 17:27
先月は備中高梁への小旅行
先月は備中高梁への小旅行 先月、友人とあわただしく小旅行をした。 地震の直前の時期だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/09 20:36
「腐れ梅」 澤田瞳子 集英社
「腐れ梅」 澤田瞳子 集英社 大阪北部の地震から大雨。 もっと広い範囲での大雨・・・洪水や土砂崩れ・・・日本中の河川が氾濫しそうなほどの勢いに、ショックであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 19:55
大阪北部の地震など近況報告
大阪北部の地震など近況報告 以前にも使った写真ですが、庭のガクアジサイ。 私が好きな花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/29 19:05
作家さんのブログ3種
作家さんのブログ3種 気持ちの良い季節5月は過ぎてしまいました。 早くも梅雨入りの時期。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 16:10
ブログ開設6周年だそうです
ブログ開設6周年だそうです ウェブリブログの事務局からのお知らせによると、ブログ開設6周年になると・・・ 気が付くと、最近はアップ間隔が長いです。反省。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/24 19:17
映画「リメンバーミー」
映画「リメンバーミー」 メキシコでは「死者の日」というのがあって、祖先とのつながりを大事にする。 民族学博物館のアメリカ展示に、骸骨人形があり、「死者の日」の説明がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/03 20:02
「シネマ・ミリタンと女性映像作家」 園山水郷 パド・ウィメンズ・オフィス
「シネマ・ミリタンと女性映像作家」 園山水郷 パド・ウィメンズ・オフィス 著者略歴によると「映像作家でもある映像研究者」と紹介してある。 共通の知人がいて、お茶しながらお話を聞く〜というチャンスをいただいた。 関心領域、研究テーマなど、どのように選ばれてきたのか、現在の研究の立ち位置は?、など、ゆっくりお話しできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 19:22
「夏の雷音」 堂場瞬一 小学館文庫
「夏の雷音」 堂場瞬一 小学館文庫 いつも思うが、う〜ん、タイトルのつけ方の趣味が、どうもイマイチの作家だなァ〜。 とにかく多で、いくつものシリーズがありすぎて、満腹気味だが、やはり買ってしまう作家さんである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/23 20:37

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書記録ほか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる