「ビール職人の醸造と推理」 エリー・アレグザンダー 越智睦・訳 創元推理文庫


KIMG0300ビール~.JPG


食べ物がらみの海外コージーミステリーのたぐいが好きである。
これは、ドイツのビだのワイナリーだのコーヒー園だのが舞台で、五感が刺激される。ビール醸造所で有名な街を模したアメリカ西部にある都市が舞台。
ドイツからの移民を発端に、大小のブルワリーが並ぶ街である。

その老舗のブルワリーの一つは、勤勉なドイツからの移住者夫婦が始めたもので、2代目の息子二人には残念ながらビールつくりの才能がない。
事情があって家族がない長男の嫁は、血を受け継いだかのような才能を見せる。
ヨメで持っているかのような家族経営のブルワリーだが、なんと長男が浮気をして別居。
才能があるヨメは、新しいブルワリーの開発スタッフとなり、そこで殺人が!・・・・って書くと、ちょっと小説の明るい雰囲気と違うかな。


ワインつくりに適した土地とビールつくりに適した土地とは似ているらしい。
ただし、ビールにはホップが必要だ。
小規模というか個人で醸造を楽しむ人が増えて、ホップの需要が追い付かない~という状況での殺人である。

ビールの話、併設されているパブの料理(おつまみというか)が、ビールに合うデザート(ナンダソレ?)とかが登場。

そういう楽しみが、コージーミステリー。
伏線があり、里親に育てられた天涯孤独のはずの主人公(ヨメ)に、家族がいるのでは????というところで、この小説は終わり。
第2作は、アメリカでは出版されてるようだが、日本でも翻訳してほしいなぁ。

ところで、原題はDeath on Tap である。
なんでこんなタイトルにしたのかしら???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント