奈良国立博物館 藤田美術館展

画像
大阪にある藤田美術館は現在工事中で閉館である。
夫に「これ、行こう」と誘われても「なんで?大阪に直接行けばすむのに?」と思ったものであるが、リニューアルまで待てないな、奈良まで行かなきゃあな~と思った次第である。

「曜変天目茶碗」が、なんといっても目玉の展覧会である。

10連休のGW、長いから観光地も分散されるだろう~と、GW中の奈良行きを計画していたら、なんのなんの連日のすごい人出のニュース。
博物館のHPを見ても、毎日の「混雑状況」はすごい有様・・・なので、すいているだろうと今日(5月21日)に行ってきた。
雨が朝まで残る曇った日だし、平日だし~と思っていたら、奈良駅からのバスの長蛇の列にビックリ!
アララ~甘く見てしまったな。

曜変天目茶碗の前の列も、やはり40分待ちだった。
展示場の中央、照明も落とし黒いパーテイションで区切った一角に展示してある。
誰かが言っていたけど、暗い所に目が慣れて、そこへ輝く茶碗が目に入ってくるのだから、より美しい。

思わず、全然見知らぬ隣で見ていた人と「きれいですねェ~」と声がでる。
列が離れて待っていた夫に、先に見てきた私が「きれいだよ~!」と話しかけた。
あまりそういうことを言わない私だそうで、これはよほど美しいに違いない、と確信したそうである。

ほかには玄奘三蔵法師の絵巻・・・京都の龍谷ミュージアム以来の「玄奘さん」である。
ちょっとしたいきさつで、私が好きな方である。


画像
なら仏像館も、今回はゆっくり回る。

予報に反して、好天気の奈良公園。
修学旅行生と外人客がいっぱいの公園を、相変わらず鹿さんたちが闊歩している。
関西育ちの私たちにはオナジミの景色だが、他県や外国からの方々には珍しいのだろうな。


そのあとは、久しぶりの興福寺。
いつの間にか発掘作業が済んで整備されていた・・・何年来ていないのだろう?

画像

写真を撮ってくれないかと、外国人女性に頼まれて夫がとってあげたら、続いて日本人の中年夫婦にも頼まれた。
「五重塔の頭まで入れますか?途中までで人物中心?」と、(他人には)親切な夫がリクエストに応えている。

関西人は親切ですよ~いくらでも頼んできてね~と、自撮りが嫌いな私は思う。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント